大阪泉州・貝塚寺内町と紀州街道は・

トップページ登録有形文化財の町家 > 寺田家住宅

登録有形文化財の町家

寺田家住宅

寺田家住宅

 

寺田家は岸和田市の寺田一門で、昭和10年以前から屋敷と工場、社宅の用地
購入を行い、昭和11年(1936)に大丸百貨店の建設により定兼工務店によって
施工された。
外観を洋風にした木造住宅で、建設当時は木々が鬱蒼と茂っていたことから
「山の家」と呼ばれていた。岸和田市の五風荘と同時期の建設である。
主屋に隣接して茶室、内蔵、外蔵、納屋があり、昭和28年(1953)には
高島屋の設計によって鉄筋コンクリート造りの新宅が建てられている。
鉄筋コンクリート造りの住宅としては市内で最も古いものと考えられる。

このページの先頭へ