大阪泉州・貝塚寺内町と紀州街道は・

トップページ登録有形文化財の町家 > 利齋家住宅

登録有形文化財の町家

利齋家住宅

利齋家住宅

 

家伝の系図によれば、織田信長の兵乱の時(1578年か)貝塚に来住したと伝える
旧家で、代々「孫左衛門」を名乗り、薬種問屋で北之町の町年寄りを務めていた。
当家の住宅は堀之町筋に南面し、建立年代は17世紀まで遡る可能性をもつ、
貝塚寺内町で最も古い町家である。
離れの洋館は大正13年(1924)頃の建築で、暖炉やステンドグラスが当時のまま
保存されている。 

このページの先頭へ